美しさの基準と輪郭矯正の方法

頬骨 引っ込める 自力

 

世界では、頬骨が出ていてエラが張っていることが美しいとされている国があります。
しかし、そのことで逆に深く悩んでいる方もいます。

 

頬骨が出ていると、人前で笑うことが嫌になったり、思わず手で隠したりなど、そのような状態ですごすのは辛いものです。
顔の輪郭が小さくシャープであれば、女性らしく繊細で柔らかな印象になります。

 

そのため、メイクや髪型などを工夫することで輪郭の印象を変えることができます。

 

しかし、メイクなどでカバーするのが難しい場合があります。
頬骨を本格的に引っ込めるためには、美容整形での手術という方法もありますが、費用が高く、術後の痛みやリスクのために躊躇する方も多くいるでしょう。

 

そんな時に、自力で改善できる方法があるのは嬉しいことです。

 

骨は、絶対に動かないと思っている方が多いですが、そんなことはなく、やり方しだいで骨は動きます。
マッサージのコツをつかんで、理想の輪郭に近づくことができれば、自信を持って笑顔で過ごすことができます。

 

特に最近、頬骨が上がってきたなどの悩みを抱えている方は、こめかみや表情筋が固まって引き上げてしまっている可能瀬があるため、元に戻すことが比較的簡単にできます。

効果的なマッサージ方法

頬骨 引っ込める 自力

 

自力で頬骨を引っ込めるためには、まず原因を知ることが大切です。

 

肩こりから横に出っ張っている場合もあります。
そのため、肩こりかひどい方は、堅くなった肩や首の後ろなどをよくマッサージして凝りをほぐす必要があります。

 

また、こめかみや表情筋が固まってる方は、目の疲れやこめかみをしっかりとほぐします。
顔の周りの筋肉をほぐして柔らかくしたら、親指を曲げて出っ張った骨部分を頬骨にあてます。痛くない程度に下に1分ほど押します。

 

顎の骨のずれが気になる場合は、頬骨の上に中指をあてて、円をかくように2〜3分マッサージします。
横に出ている場合には、手の平の下の部分を一番高い部分にあてて、斜め後ろに20秒ほど押します。

 

1日に1回短い少しの時間で矯正できる為、とてもお手軽で費用面もかかりません。

 

手軽に出来るおすすめの小顔になる方法としては、入浴中や入浴後すぐにマッサージを行うのが効果的です。
また、半身浴や顔、頭皮の温冷療法をして緊張をとっていくことも効果が上がります。
頬骨が気になっても、手術で矯正するのは勇気がいることです。

 

根気と時間は必要ですがお金をかけずに自力で頬骨を引っ込めて、自信を持って笑顔で日々過ごすことのできる女性を目指していきたいものです。